人気ブログランキング |

文庫日和vol.3

e0341850_22204074.jpeg
16日(㊗月)夕方5時開演。@なおポップさん、岩船ひろきさん、そして菅野創一朗さんの3名による生音ライブ開催!

料金は3,000円。ライブの途中で、文庫ライブ恒例のもぐもぐタイムあり👍みんなでカレーライスとかき氷を食べます😋賄いブン子がはりきって美味しいカレーを作ります。

シンガーソングライターたちの素敵な歌と、懐かしい母味のカレーライスとで、心地よい初秋の夜をゆっくりとお過ごし下さい。

ご予約はnaopop_info@yahoo.co.jpまで。または信夫山文庫☎024-534-2558まで。お早めにお申し込み下さい。

縁側に腰掛けて音楽を聴くのも、なかなかいいものですよ😊お待ちしております。

# by sinobuyamabunko | 2019-09-10 23:14 | イベント | Comments(0)

ほんこい(3)安治川

本カフェ信夫山文庫の司書ブン子の、本にまつわるショートエッセイ[ほんこい]。

今回は「安治川」という本の話ではなく、「安治川」でシンクロした話です。いやいや川でブン子が(旧)シンクロナイズドスイミングをした訳ではございません。不思議な偶然の一致が3度重なったというシンクロニシティなお話です。

 読後の余韻が後を引き、読みごたえのある宮本輝の著書。『骸骨ビルの庭(上下)』(講談社文庫)『避暑地の猫』(同)を立て続けに読んだ。次は彼の原点に戻って『螢川』(角川文庫)を再読しようと最初のページをめくり読み始めた時、目に入ったのが「安治川(あじかわ)」。大阪湾に流れ込む川のようだ。
 あれっ、安治川、安治川、最近どこかで見たことがあるような...。あった! 貫井徳郎著『微笑む人』(実業の日本社)の最初のページに「安治川」が出てくる。溺死に見せかけた殺人事件が起きた川だ。場所は神奈川県相模原市。『螢川』を読むのをちょっと中断。早速ふたつの「安治川」を地図で探してみた。当方、本は読めるが地図を読めない女である。それでも大阪の「安治川」はすぐに見つかった。相模原の「安治川」は見つからない。探し方がまずいのか、地図にも載らない山中の小さな支流なのか、それとも小説の中だけの架空の川なのか? もし架空の川ならば、著者はなぜ「安治川」と名付けたのか。フムフム。想像力がはたらく。
 その日の夕刻テレビを見ていたら、今週末から始まる大相撲秋場所の話題をやっていた。今場所の注目力士の練習風景。引退した安美錦が胸を貸している。テレビのアナウンサーが「元関脇の安美錦、今は安治川親方ですねー」。はあっ、今何て言った!?「安治川」親方...。きたーっ!!、3度目の安治川だ。

ということで、ブン子の安治川つながりいかがでしたか。4度目は無い...と思う。さて、読みかけの『螢川』を読み進めましょうかね。


e0341850_15103136.jpg




# by sinobuyamabunko | 2019-09-08 15:17 | ほんこい | Comments(0)

9月の信夫山文庫

9月に入り、信夫山にも少しずつ秋の気配がただよい始めました。さあ、読書の季節です。

今月の本カフェ信夫山文庫の営業予定です。

定休日は毎週火曜日と第1、3水曜日です。今月は3,4,10,17,18,24日になります。


*9/14(土曜日)は月例のワクワクワークショップ♪ 
《時間》11:00~14:00  《参加費》文庫ランチ付き3,500円 《定員》8名様

今回は[ここ٠de]さんと[アンルポ]さんのコラボワークショップ! アートフラワーで作った花籠にアイシングクッキーのお花が5本が入った可愛い作品です。ランチを食べながらゆっくりと楽しめるワークショップです。


*9/16(月㊗)は@なおポップ企画の音楽ライブ[文庫日和 Vol.3]
《時間》開場16:30 開演17:00~ 《参加費》3,000円(文庫のカレーライスとかき氷付き)《定員》30名様 

3回目の文庫日和ライブ。今回はおなじみの@なおポップさんに加えて、2回目の岩船ひろきさん、初文庫の菅野創一郎さんの3名によるライブです! 初秋の夕暮れ、ステキな音楽をお楽しみ下さい。


*9/29(日)は[出張deいやし]。整体師のおしえいこさんが身体を揉みほぐしに文庫に出張してきます。30分、60分、ハンドマッサージ15分もあります。施術時間は予約制になりますので、事前に信夫山文庫までお電話でお申し込み下さい。

各イベントのお申し込みは信夫山文庫☎024-534-2558まで、お早めにどうぞ!

それでは皆様、9月も本カフェ信夫山文庫でゆっくりのんびりお過ごし下さい😊


e0341850_13432597.jpg

e0341850_13452013.jpg

e0341850_13445874.jpg






# by sinobuyamabunko | 2019-09-04 15:04 | 定休日のお知らせ | Comments(0)

8月の信夫山文庫

e0341850_04595153.jpg

e0341850_05013301.jpg

福島もようやく梅雨明けとなり、信夫山にも蝉のこえが響き始めました。
本カフェ信夫山文庫の8月の営業予定です。
定休日は毎週火曜日と第1,3水曜日です。

8/4(日曜日)13:30~15:30 [埴谷雄高の『死霊』を読む会]
毎月第1日曜日に開催しています。本はご持参下さい。参加費無料ですが、カフェにワンオーダーをお願いします。

8/17(土曜日)10:00~16:00 [出張de癒し] 
整体師のおしえいこさんが、疲れた身体をほぐしてくれます。30分と60分の施術、15分のハンドマッサージもあります。

8/19(月曜日)11:00~15:00 [わくわくワークショップ]
アートフラワー(ここ·de)さんとアイシングクッキー(アンルポ)さんの恒例のワークショップ。夏休みの思い出作りに親子で楽しんで下さい。

各イベントの参加お申し込みは信夫山文庫tel.024-534-2558まで。お待ちしております。

そして、お待たせしました! かき氷、果実酢ドリンク、豆乳あんみつなどの夏メニューも始まりました。信夫山の深緑の中でほっと一息ついてくださいね。

信夫山文庫にはエアコンがありません。暑いです。でも、全開の窓や廊下から時折吹き込む爽やかな風と扇風機の羽根音、蚊取り線香の匂いに心が落ちつきます。本を読んでねむくなったらお昼寝してもかまいません。ゆっくりのびのびと過ごしていただければ、店主冥利につきます。

ということで、8月も本カフェ信夫山文庫を宜しくお願いいたします😊

# by sinobuyamabunko | 2019-07-31 08:50 | 定休日のお知らせ | Comments(0)

7月の信夫山文庫

本カフェ信夫山文庫の司書兼賄いブン子です。
遅ればせながら、7月の営業予定をば。

定休日は毎週火曜日と第1、3水曜日です。今月は第3水曜日の21日はイベントのため貸切り営業をいたします。

さて、7/7(日曜日)から信夫山文庫を会場として始まった[埴谷雄高『死霊』を読む会]通称「はにや会」。読売新聞等でも紹介され、8名での発足となりました。難解とされる『死霊』もみんなで読めば恐くない?! 随時参加者募集中です。参加費は無料ですが、ワンオーダーお願いいたします。今後も毎月第1日曜日に1年間の開催予定です。次回は8/4(日)13:30~16:00。参加希望の方は信夫山文庫tel.024-534-2558までご連絡ください。

7/17(水曜日)はCANDY∞CANDY主催の[抱っことおんぶの勉強会~赤ちゃんとの暮らしを楽しむコツ教えます~]の会場になり貸し切り営業となります。参加希望の方は✉candy.candy.fukushima@gmail.comまでお申し込み下さい。信夫山文庫にかわいい赤ちゃん大集合! ブン子も楽しみです😊

7/20(土曜日)は月例のアートフラワー(ここ·de)さんとアイシングクッキー(アンルポ)さんの[わくわくワークショップ]です。アートフラワーでは夏を感じる帽子の飾りを、アイシングクッキーでは恐竜クッキーを作ります。お子様連れも大歓迎です! 当日の飛び込み参加も可ですが、込み合いますのでぜひご予約を。

そして、7/21(日曜日)は[出張de癒し]。整体師のおしえいこさんが文庫に出張してきて、疲れた身体を揉みほぐしてくれます。心身共に軽ーくなった後の珈琲☕は格別かも👍 読書やおしゃべりのついでにどうぞお試し下さい。

鬱陶しい梅雨は長引きそうですが、こんな時こそ本が味方になってくれます。信夫山文庫で本の世界にドップリと浸かってみてはいかがでしょうか。 今月も皆様のご来店を心よりお待ちしております😊



e0341850_06260021.jpg

e0341850_06281555.jpg

e0341850_06290319.jpg

e0341850_06273490.jpeg




# by sinobuyamabunko | 2019-07-09 06:33 | 定休日のお知らせ | Comments(0)