人気ブログランキング |

<   2017年 01月 ( 11 )   > この月の画像一覧

本カフェ信夫山文庫のブン子です。

明日31(火曜)と2/1(第1水曜)は定休日です。

2/2からのご来店をお待ちいたしております\(^-^)/



さて、2月から新しいカフェメニューが始まります。

〈 文庫おやつ 〉各種350円

シフォンケーキ、くじら餅、甘酒シャーベット、たこ焼き、アイスあずき、(この寒いのに)かき氷、などなど.…賄いブン子が楽しんで作っちゃいます(*^^*) 金剛水コーヒーのお伴にどうぞ。

おやつの写真はおいおいアップしていきますのでおたのしみに!

e0341850_21074805.jpg

2月の営業カレンダーです。火曜日と第1・3水曜日が定休日です。
19日(日曜日)は前回お知らせした《出前でコーヒー》のイベントがあります。チケット¥500好評発売中です。

e0341850_21080311.jpg

by sinobuyamabunko | 2017-01-30 21:11 | 定休日のお知らせ | Comments(2)

本カフェ信夫山文庫の司書兼賄いブン子です。
楽しい文庫イベントのご紹介をします。


《 出張でCOFFEE 》2月19日(日曜日) 11:00 ~ 16:00 場所 : 信夫山文庫

駅前のこむこむ近くのコーヒー店「SAKAMOTO COFFEE」のオーナー山岡さんが文庫に出張してきて、美味しいコーヒーをいれてくれます。

そのコーヒー1杯+信夫山文庫の新メニュー「文庫おやつ(350円)」1品=500円!の当日限りのうれしい組み合わせです(*^^*)

信夫山文庫とSAKAMOTO COFFEEで、明日からチケットを販売します。
100枚限定(1枚500円)ですので、お早めにお買い求め下さい。
(ご予約も受付ますので、信夫山文庫024-534-2558までお電話下さい。)


コーヒーの香り漂う信夫山文庫で皆様のご来店をお待ちいたしております\(^-^)/

e0341850_22393034.gif

by sinobuyamabunko | 2017-01-26 23:02 | イベント | Comments(0)

雪の日

今日も小雪が舞っています。

信夫山文庫の時間が静かに流れていきます。



お客様から、つぶやきシローさんの本を頂きました。

『私はいったい、何と闘っているのか』 小学館刊

帯には「伊澤春男、45歳。スーパー勤務。一見平凡な日常は、きょうも彼の脳内で戦場と化す。」とあります。シローさんの自伝かな、と思ったら小説のようです。

早速読んでみたいと思います。



《 本日のランチ 》1,000円(税込)
切干し大根とヤーコンの含め煮
ひじき入りのいかにんじん
小松菜ともやしの豆腐卵炒り
大根ときゅうりの浅漬け
かぼちゃと豆の甘煮
舞茸ご飯
ほうれん草の味噌汁
金剛水コーヒー、ブン子クッキー添え

e0341850_13385455.jpg



窓の外は…

e0341850_13422453.jpg

by sinobuyamabunko | 2017-01-23 14:33 | Comments(0)

ペルーの女の子『CHICA』

今日は大寒、空は晴れてはいても気温は上がらず

ストーブフル稼働の信夫山文庫です。

そして今朝の散歩でツルッと転んでぶった膝小僧がちょっと痛いブン子です。

皆様もお気をつけあそべ(^_^;)



そこで、春よこい! とばかりに飾り棚の模様替えをしました。

赤いストールを羽織った可愛いこけし の名前は「CHICA(チカ)」といいます。

ペルーの言葉で「女の子」という意味です。


『CHICA』は、口を大きく開けて笑った『招福こけし』で有名な

桑折町の香村工芸さんの新作で、一体3,800円(税別)です。

チカちゃん独り占めしたい方は信夫山文庫でお買い求め下さい (^-^)v


e0341850_13585002.jpg

by sinobuyamabunko | 2017-01-20 14:44 | Comments(0)

本カフェ信夫山文庫の司書兼賄いブン子です。

本日17日(火曜日)と18日(水曜日)は定休日です。

19日からのご来店を楽しみにお待ちいたしております\(^-^)/



さて、昨日のランチのおかずは予定を変更して「ふろふき大根」を作りました。
大根のひきないりを作ろうと思っていたのですが、長くて太い大根を見ていたら急に昔母が作ってくれた「ふろふき大根」が食べたくなったのです。

母の「ふろふき大根」は、茹でこぼした大根を煮干と味噌で煮含めたシンプルなもの。冬の大根料理では一番好きなメニューでした。仕上げに酒粕を溶いて入れると、うんと体があったまります。


ランチの残りは家で晩酌のお供になりました…チャンチャン(^-^)v


e0341850_10272185.jpg




今朝の信夫山。ヒコーキ雲も伸びていきました。


e0341850_10120580.jpg

e0341850_10122341.jpg

by sinobuyamabunko | 2017-01-17 10:20 | 定休日のお知らせ | Comments(0)

うわっ雪です !

信夫山にも雪が積もりました。道路に10cmくらい。

お店開けられるかな…と、ちょっと心配になったブン子。

ふと、1/9付け福島民友新聞のコラム編集日記の文章を思い出しました。

『江戸期の禅僧鈴木正三は「たとい雨降、雪降ともおもしろかるべし。童心の時には雪遊びをせしものと思い出すべし」と述べている。逆境でも、若々しい心をなくさなければ乗り越えられるということだろう』(抜粋)


山形生まれのブン子、ほっぺた真っ赤にしながら冬は雪の中で遊んでいました(^-^)
今はちょっとの雪でも、おー寒い寒いとビビっています。なさけなか~


まてよまてよ、信夫山文庫の前の坂道って、そりすべりできるかも !!!
車も通らないし、最高の坂道だよ!!! 100m位長いし!!!

子供のブン子ならワオーってソリ引っ付かんで飛び出していくところでしょうけれど、いかんせん、ここで骨折でもしたら寝たきり老人だぞダメダメと理性が勝ってしまうのでした。


と、いうことで文庫は雪の今日も営業します。ストーブフル稼働で暖かくしてご来店お待ちたしております。

猛者はソリ持参で、雪遊びも楽しんで下さい\(^-^)/


e0341850_09381492.jpg

e0341850_09395962.jpg


by sinobuyamabunko | 2017-01-15 09:40 | 信夫山文庫点描 | Comments(0)

読みたいなー、読みたいなーと思っていた本が文庫の本棚に並びました。

佐藤愛子著 『九十歳。なにがめでたい』 小学館刊

お客様からの寄贈です。ありがとうございましたm(__)m


早速、一気に読んでしまいました。笑いながら。そうだそうだ !と相づち打ちながら。

ようやっと生きているのよ、老人なのよ、わかってちょうだいと訴えても

周囲からはまだまだ元気で惚けていないと見られている愛子先生。

そこのギャップがとても面白い。

ぜひ、信夫山文庫でお読み下さい。大きな文字で読みやすいですよ(^-^)v



今日のランチおかずは、乾物の煮物。
乾燥舞茸、切り干し大根、ひじきを戻して、糸こんを加えて戻し汁で煮ました。
お醤油とみりんと胡麻油で味をととのえました。おいしいよ(^-^) ご賞味下さい。



e0341850_10125674.jpg










by sinobuyamabunko | 2017-01-14 10:17 | 文庫の一冊 | Comments(0)

しのブン日替わりランチ

本カフェ信夫山文庫の賄いブン子です。

本日の日替りランチをご紹介します。


ライ麦入りご飯
もやしとロメインレタスの味噌汁
ひじきと白滝の生姜煮
舞茸と白菜と小松菜の豆腐卵とじ
カボチャと豆の甘煮
寒じめほうれん草の柚子味お浸し
カブときゅうりのシソの実漬

金剛水コーヒー
ブン子の手作りクッキー

以上、税込1,000円です


こんな風にお品書きにすると、たいしたごちそうのような気がしますが

野菜中心の、普通のおうちごはんです。

主婦歴ウン十年のブン子が心を込めて作っています。

完食していただけるのが、何より嬉しいです。

ご来店をお待ちいたしております(^-^)/


e0341850_12454141.jpg


e0341850_12455775.jpg


by sinobuyamabunko | 2017-01-11 12:46 | ブン子の一品 | Comments(0)

本カフェ信夫山文庫、10日(火曜日)は定休日です。

11日からのご来店をお待ちいたしております \(^-^)/



さて皆様、本の読み初めはしましたか ?

ね、バカボンのパパも「読めばいいのだ」と言っておりますでしょ。

となりの愛子さんは「なにがめでたい」と、ちょっとフテ気味ではありますが。


今年は信夫山文庫でお気に入りの一冊を見つけてくださいね。


e0341850_22163588.jpg






by sinobuyamabunko | 2017-01-09 22:20 | 定休日のお知らせ | Comments(0)

本カフェ信夫山文庫

今日もいいお天気 !

朝から文庫クッキーを焼きました。
それからワンコと散歩して、阿保原橋の上から東の信夫山に向かって
「いい一日になりますように」と祈りました。
振り返ると西の吾妻山、吾妻連峰は雲ひとつなく朝日を受けて輝いていました。


そんな清々しい朝の気分を保ちつつ、賄いブン子はランチ作りを始めます。
今日は美味しい舞茸ご飯を炊きます。食べに来てくださいね !




昨日ご来店のかわいいお客様。
明莉(あかり)ちゃん、3才。
リンゴをかじりながら『シンデレラ』と『どろんこハリー』を見ていましたよ。


e0341850_09052172.jpg


by sinobuyamabunko | 2017-01-07 09:07 | 信夫山文庫点描 | Comments(0)